【体操】 予選で3人が落下、技の難度を落とし堅実な構成で勝負


2020年東京五輪予選を兼ねた大会の男子団体総合決勝が行われた。
エースの内村航平が右足首痛の中、2連覇をは逃したが3位までが手にする五輪出場枠を獲得。
中国が優勝、ロシアが2位だった。

     


      (出典 www.sankei.com)

銅で決めた!ニッポン男子団体、東京五輪切符一番乗り/体操  銅で決めた!ニッポン男子団体、東京五輪切符一番乗り/体操 
体操・世界選手権第5日(29日、ドーハ)2020年東京五輪予選を兼ねた大会。男子団体総合決勝が行われ、16年リオデジャネイロ五輪金メダルの日本は合計…
(出典:スポーツ総合(サンケイスポーツ))

【【体操】予選で3人が落下、技の難度を落とし堅実な構成で勝負】の続きを読む