Trendy life ~ 旬ネタおすそわけ ~

まとめブログ「Trendy life」を運営しています。
芸能人の噂・世間で話題のニュース・旬ネタを
配信しています。

     

    国際

    【輸出承認拒否】日本政府、韓国への半導体製造用フッ化水素、輸出承認拒否

    2018年11月8日、韓国・電子新聞は「日本政府が韓国に輸出される半導体製造用フッ化水素の一部を承認しないという事態が発生した」とし、「韓国の半導体業界に緊張が走っている」と伝えた。 


          (出典 blog-imgs-93.fc2.com)

    フッ化水素は最近、原料の供給が減り需給が厳しく、韓国の半導体業界では、日本政府が承認を拒否した背景に注目が集まっている。
    日本政府が輸出承認を拒否した理由は確認されていないという。
    Record Chinaでは

    ついに日本が報復?フッ化水素の輸出ストップ、韓国の半導体業界に緊張走る
    ついに日本が報復?フッ化水素の輸出ストップ、韓国の半導体業界に緊張走る  Record China
    (出典:Record China)

    【【輸出承認拒否】日本政府、韓国への半導体製造用フッ化水素、輸出承認拒否】の続きを読む

    【アメリカ中間選挙】 「ある意味、これは私への審判」 今後どうなるトランプ政権、中間選挙投票

    日本時間の6日夜から始まったアメリカの中間選挙の投票、下院で、与党・共和党が過半数を維持できるかどうか。
    トランプ大統領「大事なのは投票に行くことだ。ならぜら、ある意味、これは私への審判だからだ」

    アメリカ中間選挙、投票続く 焦点は下院 アメリカ中間選挙、投票続く 焦点は下院
    …アメリカのトランプ政権の今後を大きく左右する中間選挙の投票が続いている。焦点は、接戦となっている下院で、与党・共和党が過半数を維持できるかどうかだ。投票は日本時間の6日夜から各州で始まった。今回の中間…
    (出典:国際総合(日本テレビ系(NNN)))

    【【アメリカ中間選挙】「ある意味、これは私への審判」今後どうなるトランプ政権、中間選挙投票】の続きを読む


    【大統領令】 トランプ氏、「出生地主義廃止」の方針は、中間選挙対策か


    30日、トランプ米大統領が出生地が米国なら米国籍が付与される制度を廃止する意向を示した。
    憲法改正は不要だと指摘し「大統領令だけで変えられる」と。
    11月の中間選挙を直前に控え、不法移民対策を求める保守層の支持固めを図る狙いなのか。

         


          (出典 image.news.livedoor.com)

    トランプ氏、「出生地主義」廃止の方針=大統領令で憲法規定変更
    …する現行制度について、大統領令で廃止する意向を表明した。 国籍認定で「出生地主義」を採用してきた米国の大きな方針転換となるが、憲法に基づく制度を大統領…
    (出典:北米(時事通信))




    【【大統領令】トランプ氏、「出生地主義廃止」の方針は、中間選挙対策か】の続きを読む


    【アメリカ】 トランプ政権が、トランスジェンダーの存在を認めない措置を検討


    トランスジェンダーの排除、トランプ政権が検討。ニューヨークタイムズが報道
    トランスジェンダーの排除、トランプ政権が検討。ニューヨークタイムズが報道  ハフィントンポスト
    (出典:ハフィントンポスト)



    (出典 www.1242.com)


    【【アメリカ】トランプ政権が、トランスジェンダーの存在を認めない措置を検討】の続きを読む



    (出典 cdn.fnmnl.tv)


    大麻使用を国家として合法化

    1 ばーど ★ :2018/10/18(木) 20:18:09.85

    *販売店で*を購入する若者

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    カナダは、先進国として初めて嗜好品としての*の販売と利用を合法化した。10月17日に解禁され、全土の*販売店が開店。店頭には、*を購入する人たちが一斉に列をなした。

    カナダ議会は6月21日までに、*を合法化する法案を可決した。

    21歳以上の成人はライセンスを取得した販売店で*を購入できるようになり、30gまでの*の所持が認められる。さらに世帯当たり4株までの*の栽培が認められる。

    カナダでは、医療目的での*使用は2001年に合法化された。嗜好用としての*の合法化は、カナダのジャスティン・トルドー首相が2015年の総選挙で掲げた公約の一つだった。

    犯罪組織への資金源を断絶し、非合法で使用されていた*の栽培、流通、販売を規制下に置くことが目的という。トルドー首相自身も、かつて*を数回使ったことがあると認めていた。

    嗜好用*の合法化は、先進7カ国(G7)の中では初めて。世界ではウルグアイに次いで2番目となる。隣国アメリカでは、首都ワシントンやカリフォルニア州、コロラド州などの9州で合法化されている。

    未成年者の*使用を防ぐ効果などが見込まれる一方で、健康被害への懸念も根強い。*の使用をきっかけに依存性が高い薬物に手を出してしまうケースもあり、医療専門家などから強い反発も出ていた。

    ロイターによると、*合法化に多くの州政府は慎重な姿勢をとっているという。*入り食品などの解禁は1年先としており、カナダ最大の都市トロントやバンクーバーでは、*小売店はまだ開店していないという。
    .
    ■カナダの日本大使館 「手を出さないように」 注意呼びかけ

    日本では*取締法で、*の所持や購入を含む譲渡が違法とされ、処罰対象となっている。

    この規定は海外で行われた場合であっても適用されることがあるとして、外務省の在バンクーバー日本国総領事館は、在留邦人や日本人旅行客に向けて、「日本国外であっても*(*を含んだ食品・飲料についても同様)に手を出さないように十分注意願います」と呼びかけている。

    10/18(木) 11:52
    ハフポスト日本版
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00010001-huffpost-int

    関連スレ
    【カナダ】17日、嗜好品としての*所持・使用を合法化 先進7カ国(G7)では初
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539740591/

    ★1が立った時間 2018/10/18(木) 18:12:55.91
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539853975/


    【【国際】カナダで大麻解禁、先進国初 外務省は邦人に注意喚起】の続きを読む

    このページのトップヘ